トップ> 概要>会長ご 挨拶

kaicho 2021年度瀋陽日本人会会長を務めることになりました辻村です。就任にあたりまして、一言御挨拶申し上げます。

 1991年10月に法人7社、会員14名で発足した瀋陽日本人会は、今年で30周年を迎えます。2021年4月現在、法人正・準会員数 104社、個人正・準会員数242名となりました。 会員の所在地も瀋陽市の他、営口市、丹東市、撫順市、鉄嶺市、阜新市、葫芦島市にまで拡大し、皆様方のご支援とご尽力のおかげで、発足時に比 べ大きな成長を遂げております。

  しかしながら、昨年年初から新型コロナウィルスの世界的に流行し、現在の瀋陽は回復の兆しをみせつつありますが、その影響は未だ残り、会員企業の皆様におかれましては事業 回復に向け尽力されておられます。
  その様な状況の中でも、今年無事30周年を迎えることができますのは、一重にこれまでの30年間日本人会を支えていただきました諸先輩方ならびに現在の会員の皆様のご尽力 と結束、さらには皆様方一人一人が、現地中国の方々と長年に渡って築いてきた信頼関係のおかげであると思われます。

 日中関係も2018年には日中平和友好条約締結40周年をむかえ、さらに円熟期に入ってきており、ここ中国の経済状況は瀋陽日本人会発足 当時と比較しましても大きく変化しています。今や世界における中国の存在感は相当大きなものとなり、現地で暮らす我々の存在も重要なものと なってきた事は、皆様方も実感されているのではないでしょうか。

 このような環境変化の中、瀋陽日本人会発足当初からの「会員相互の親睦を図り、会員の安全かつ快適な生活と日中の友好促進による経済発展を 図る」という目的のもと、日本人会として活動を行うことは益々有意義なものとなって参りました。
 瀋陽日本人会は、昨年、文化交流部会と商工部会を統合し、現在は、商工文化部会と総務部会の2部会制といたしました。ご家族も含めた日本人 会会員相互の親睦、交流、企業活動に役立つ情報提供や共通する課題の解決、地元政府との交流や提案、他地域との情報交換など様々な活動に取り 組み、会員の皆様の生活、企業活動等のお役に立てるよう運営して参りたいと思っております。

 微力ではございますが、会員の皆様のご期待に沿えるようこの1年尽力して参ります。今後も従前同様、瀋陽日本人会に対する会員の皆様の変 わらぬご支援・ご協力を賜りますよう、何卒、よろしくお願い申し上げます。

2021.4.1
2021年度瀋陽日本人会会長  辻村 孝則